冠詞 a と an 

~ 発音が正しければ、考えなくても自然と使い分けができる ~

 

日本語にはない概念:名詞の前につける「冠詞」。

ついついうっかりつけるのを忘れてしまったり、「a だっけ?the だっけ?」と咄嗟にわからなくなったり…慣れるまでは大変な品詞です。

さて、この冠詞ですが、母音で始まる単語につける場合は「a」ではなくて「an」。という法則は中学校で習いましたよね。「the」の発音も、変わってきます。

…でも、頭ではわかっていても、どうしてもスルッと自然に出てこない!そんな人は、発音を見直してみるといいですよ。母音の前で「a」が「an」に代わるのは、ただ単に「発音しづらいから」なのです。

I have a apple.  ←これを「言いにくいなぁ」と感じられないのであれば、英文を読むときになめらかに発音できていない、という事になります。

英文と和文の成り立ちの違い

ところで、少し話が変わるのですが、日本語は、文字で文章を表す時、単語と単語を離して書くことはしませんよね。

 

例えば こんな 調子 で 単語 と 単語 の 間 に スペース を 入れる こと は しません。

 

ああ、読みにくい(笑)

日本語は漢字がありますし、必要な時に句読点で区切ることが出来ます。自然と単語と単語の区別ができますよね。

思い出してください。小学校1年生の時の国語の教科書はひらがなだらけだったでしょう?もし機会があったら見てみて下さい。ひらがなだらけで読みにくいので、スペースがいっぱい使われています。

英文は、目で読むときにこうして単語と単語の間を空けないと、どこまでがどの単語かが区別がつかないので、スペースが空けてあります。

 

Ithinkitmustbereallydifficulttoreadthissentencebecausetherearenospacesinbetweenthewords.

 

このスペースはつまり、視覚的に助けてくれているだけなので、読み上げる時はこのスペースは息継ぎの場でもなく、一拍おかなければならない場所でもないのです。

文章のスペースは「読まない!」のがコツ

コツとしては音を出す時に極力、スペースを無視するんです。ですので、「This is my pen.」という文を読むときはスペースを無視するので、「Thisismypen. 」というように聞こえるはずです。

This の後にくる is の母音に引っ張られて thisis になりますし、mypen も同様に、くっつけて発音します。

 

さて、ここで本題に戻りますが、先ほど出ました「I have a apple.」はどうでしょうか。

「Ihavaapple」の母音が続くところ、読みにくくありませんか?

「Ihavanapple」の方が読みやすいと思いませんか?

a egg   ⇔ an egg  

a owl   ⇔ an owl  

a umbrella  ⇔ an umbrella

ぜひ試しに声に出して読んでみて、読みやすさを実感してください!

ページトップ