コラム一覧

2020年「小学校英語教科化」に思う

特級ホルダーの大西由紀子先生が当コラムに寄稿してくださいました!   2020年「小学校英語教科化」に思う いよいよ2020年4月より小学校に英語が教科として入ってきます。今まではあくまでも英語に慣れ親しむという観点での英語活動という位置づけでしたが、これからは英語が他の教科と同じように学び、評価もつくことになります。小学校での英語学習をどのように捉えるのか・・・私は「とにかく中学校英語[…続きを読む]

発音のお悩み、お聞かせください

【英語発音技能検定EP-Pro®】を受験された方へ   受験結果に細かいコメントが書かれていた方の中で、下のような疑問を持たれた方もいらっしゃるのではないかと思います。 こんなコメントが書いてあったけど、どういう意味? この単語の正しい発音はどうやって出すの? 「練習しましょう」って言ったって、どうやって練習すれば良いの?   当事務局もコメント欄の記入にはしっかりと時間とエネ[…続きを読む]

【英語発音技能測定テストEP-Jr】

子ども向けに開発した【英語発音技能測定テストEP-Jr】が5月8日より始まりました!   モニター受験のご報告です   先だって行われました【英語発音技能測定テストEP-Jr】のモニター受験は、当【英語発音技能検定EP-Pro®】の2~特級合格者のお教室に通われる生徒様に限らせていただきました。 新年度のお忙しい時期にもかかわらず、ご協力くださいましたお教室の先生方、誠にありが[…続きを読む]

伝わる英語への最短ルート

どうしたら伝わる?   英語で話していて、自分の言っていることが通じずにもどかしく思った事はありませんか? 語彙力のなさ、文法力の弱さ… 様々な要因で「通じてない…」と落ち込む場面ってありますよね。   伝えたいことを相手にわかってもらうための手段は 言語以外にもいろいろあります。 例えば、絵で表したり。 表情やジェスチャーで伝えたり。 今はスマホのアプリでも便利なものがたくさ[…続きを読む]

新しいテストが始まります!

英語発音技能測定テストEP-Jr   【英語発音技能検定EP-Pro®】を開発・運営しております一般社団法人Triple C協会が、この度新たに子ども向けの発音テストを開発しました!       【英語発音技能測定テストEP-Jr】(詳しくはこちら)   【英語発音技能検定EP-Pro®】に合格した指導者様のお教室に通う生徒様の発音スキルを「見える[…続きを読む]

受験前に再チェック!あなたの発音、大丈夫?

【英語発音技能検定EP-Pro®】の受験者数も、おかげさまで毎月どんどん増えてきています。ありがとうございます! 志の高い指導者が日本中にこんなにもたくさんいらっしゃる事が嬉しくてたまりません。   さて、受験者数の増加に伴い、ほぼ共通して発音が不安定になりがちな箇所が見えてきました。ブラッシュアップに役立てていただけたらという想いで、ここでみなさまと共有します。   再チェッ[…続きを読む]

スキルを証明しよう

スキルは誰にも盗まれないあなただけの財産。   私の尊敬するある方から贈られた言葉です。   本当に、まさにその通り。お金では買えない、誰かに奪われることもない。 正真正銘、自分自身が身につけた自分だけのもの。    日本人の美徳   ここで急に話は変わりますが、日本人って概して謙虚ですよね。 あまり自分や自分の身内を人前で堂々と褒めることが出来ません。 む[…続きを読む]

The ABC Song♪ で学ぶ、Rhyming

Let’s sing the ABC Song!!   みなさん、アルファベットの歌はご存知ですか? はい、「きらきら星」と同じメロディで、A-B-C-D-E-F-G~♪と続いていくあの歌です! “ABC Song” や“The Alphabet Song”と呼ばれる歌ですが、どなたでも一度は歌ったことがあるのではないでしょうか。 では、どんな風に歌っていましたか? ちょっと[…続きを読む]

短母音 O の発音

もう一度確認しましょう 短母音 “o” の発音   【英語発音技能検定EP-Pro】の採点をしていると、短母音の “o” の発音が安定していない方が多く見受けられます。 本検定の総受験者数のうち、2級を受験する方が最も多いのですが、その中でも短母音の “o” の発音について指摘される方が非常に多いので、今回のコラムで[…続きを読む]

嬉しいお声が届きました!

当検定の特級に合格されました先生から、 今朝とても嬉しいメッセージを頂戴いたしました。 【以下、許可を戴いて抜粋掲載させていただきます】   私、発音は本当に大切なことだと思っています。 英語指導者を育てることが大切なことだと思っています。   たくさん教材を作りその教え方楽しみ方を指導するセミナーがあり… それもあって良い事なのですが、先生の質を育てることにはなっていないよう[…続きを読む]

ページトップ