有声音と無声音

有声音?無声音??

聞き慣れない言葉ですが、英語の発音の説明をするのには欠かせない言葉です。

日本語は、すべての音が有声音で構成されています。(小さい「っ」はある意味例外ですが)

なぜなら、日本語は必ず母音の音で終わるという特徴があるからです。母音とは、「AEIOU」のことです。キーボードでローマ字打ちをしているとわかりますが、日本語は「ん」以外はすべて「子音+母音」の組合せでできています。

何が違うの?

無声音とは、文字通り、「声の無い音」です。つまり、発音している時に声帯が震えないのです。声帯が震えているかどうかは、発声している時に首元(喉)を軽く触れてみて下さい。声が出ず、息だけの時は声帯(喉)が震えません。

 

例えば、アルファベットのBとP。

どちらも上下の唇を合わせて出す「破裂音」と呼ばれるものですが、

Bの場合は声を出しながら言いますよね。

それに対し、Pは、息だけで出すのです。

もし、Pの発音をしている時に首元(声帯)が震えていたら、その発音は残念ながら間違いですのでご注意を!

無声音って出しにくい音?

実はこれが、日本人にとって非常に難しく感じられるのかもしれません。先ほども触れましたが、日本語はほとんど100%有声音で構成されているので、なかなか無声音の出し方がわからない・・・と、思いがちですが、実はそうでもありません。

ため息をつくとき「声を出しながら」の時と「息だけ」の時…ありますよね。

例えば、「クスクス」という時、「ス」の音に本当に母音はついているだろうか?(ちょっと試しに声に出してみて下さい)

舌打ちする時も、声が出ませんよね。

 

このように、「ことば」にならないような時に実は無声音をいっぱい出しているのです。

ですので、日本人でもちゃんと出せます。練習さえすれば!

ページトップ