気をつけて!”You can sit here.” で思わぬ恥をかかないよう

~ 発音できていますか?sとsh ~

教室でもビジネスでも、よく使う言葉、sit。

発音、しっかりできていますか?

うっかりカタカナ英語で「シット」と言っていませんか?

気づかないうちに、ものすごーく下品な事を口にしていませんか??( ̄▽ ̄;)

違いますよ!「s」と「sh」と「し」

見落としがちですがsの発音は日本人にとって難しい音のひとつです。

see」  「she」  「しい」

この3つの発音の仕方は違います。

 

日本語の「し」を発音するとき、息はどこから出ていますか?上下の歯を軽く合わせ、合わせた奥歯から前歯までのほとんど全部の歯の間から均等に息を出して言っていますね。また、初めから声が出ている、有声音です。(ここで「ん?」と思った方は、「有声音と無声音」のコラムをご覧ください)

 

比較的簡単なのはshの音です。上下の歯を合わせ、上下真ん中の4本の歯がちょうど見えるくらいに唇を開けてみましょう。(ROCKYのシルベスター=スタローンみたいな口…わかりますか?笑)上下4本の前歯を見せながら「シュウゥゥゥ」と息を吐くとshの音になります。shは無声音で!

 

次に、sの音です。sは唇の形はあまり関係なく、楽に軽く開けてください。上下の歯をほんの1mmか2mmくらい開けて、狭い狭い息の通り道を作るようなイメージで、上の歯の裏の歯茎の辺りに舌をあてます。風船の口をすごく狭く小さくした時に、sssss~と空気が漏れますが、そんなイメージで発音するのが正解です。小さな小さな穴から空気が漏れる音がsの音です。

 

使い分けがなかなか難しいですが、しっかり練習しないと思わぬ恥をかきますので、ご用心、ご用心。。。

 

ページトップ