コラム

きれいな発音の先生に教わるメリット

発音

こんにちは!

【英語発音技能検定EP-Pro®】を運営している一般社団法人Triple C協会の菅沼です。

今日は、「英会話ができるようになりたい!」と望んでいるあなたが、英語の発音がきれいな先生に教わるとどんなメリットがあるか、考えてみたいと思います。


1.リスニング力がアップする

英会話で一番困るのが「相手の言っていることが聞こえない」という問題。

学校の先生の英語はあんなに聞きとりやすかったのに…!と恨み節を言いたくなる時もあると思います。

カタカナ英語に耳が慣れてしまうと、それ以外の音は雑音に聞こえてしまいます。

英語特有のリンキング(音の連結)やリダクション(音の欠落)などに触れずに学習を進めると、リスニングで本当に苦労します。

発音のきれいな先生は、本来の音をきちんと再現できるので、英語を英語らしい音で聴く環境が整えられるメリットがあります。もちろん、こういった環境は生徒さんにとってもプラスでしかありません。

2.発音のコツを教わることができる

英語の発音がきれいな先生に教わると、英会話が劇的に通じやすくなります。

英語には日本語に存在しないような音がたくさんありますが、面倒だと思ってもステップバイステップで発音の基礎を身につけてしまうと、今まで通じなかった英単語が嘘のように通じるようになります。

英語の発音を学ぶには、英語の発音がきれいな日本人の先生に教わるのが一番の近道です。

え? ネイティヴスピーカーの先生に教わった方がいいんじゃないの?」と疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、日本語と英語の発音の違いをきっちり理解している先生であることが大切です。

英語のネイティヴスピーカーでも日本語の発音が完璧な人(聞いていて全く違和感のない日本語を話す人)なら、日本語と英語の発音の違いがわかっているはずなので、きっと日本人の苦手な音をピンポイントで教えてくれるでしょう。

でも(恐らく)日本語の発音がきれいな英語ネイティヴを探すより、英語の発音がきれいな日本人の先生を探す方がきっと簡単なはずです。

3.発音をきちんと評価してくれる

発音のきれいな先生は、雰囲気やフィーリングに流されずにしっかりと生徒さんの発音スキルを評価してくれます。

正しい発音の仕方をきちんと知っているからこそ、こういった指導が出来るのです。

学校のALTの先生や英会話教室のネイティヴスピーカーの先生は、生徒側が「発音矯正をしたい」と伝えなければ、きちんと発音のチェックをしてくれません。また、日本人の話す英語に耳が慣れてしまっているので、細かい指摘をしてくれない場合もあります。

きちんと指導をしてもらえなかった生徒さんは、いざ仕事や旅行でリアルな英会話をしようとしたら「何を言ってるかわからない!」「自分の英語が通じない!」という悲劇に直面するのです…!


会話によるコミュニケーションの基礎は「」です。会話って、結局は「」のやりとりなのです。

文法より先に克服すべきは「発音」です。発音力があれば、単語ひとつで通じるようになります。それに、何と言っても英語の発音ができるようになると一気に学習が楽しくなります。

これは私個人の感覚なのですが、私は s と th と r の音を発音するのが大好きなのです。笑

thriller とか thirsty とか・・・cereal という単語も発音するのが大好きです。(≧▽≦)

何というか、自分の口から耳心地の良い音が出せるのが気持ち良すぎて、「もっとこの音を発声したい…!!」って思うのです。

……こんな話がどこまで参考になるかわかりませんが。

発音がきれいな先生に教わると、メリットしかありません。

「私の先生の発音はどうなんだろう?」と思われた方は、自分の先生が【英語発音技能検定EP-Pro®】ホルダーであるかどうかを一度確認してみても良いかもしれません!

【英語発音技能検定EP-Pro®】は、指導者として英語の発音の基礎をしっかり身につけているかを客観的にチェックする検定です。英会話を教わるなら、きちんと太鼓判をもらっている先生が安心ですね☆

このコラムを書いたのは…

菅沼直子 一般社団法人Triple C協会代表理事 2男2女の母

1972年東京都出身。5~9歳までの間、アメリカのサンフランシスコ郊外で過ごす。帰国後は公立の小・中・高で学び、1995年慶應義塾大学環境情報学部卒業。子どもの小学校入学をきっかけに東京都内で小学校英語活動のゲストティーチャーを6年間務める。離婚後、子ども 4 人を連れて和歌山へ移住。生活のために始めた英会話講師の仕事を通して『地域による教育格差』と『根深い日本人の英語発音コンプレックス』を強く感じ、この2つを解消できる方法を探るようになる。英語を教える先生のスキルアップこそが日本人の英語コンプレックスを無くしていくカギとなるのではないかと考え2017年より【英語発音技能検定EP-Pro®】及び【英語発音技能測定テストEP-Jr®】を開発運営開始。2021年には音声連動型【英語学習教材シリーズEP-edu®】を開発。

ページトップへ戻る