Rhyming ってなぁに?

みなさん、rhyming (ライミング)って聞いたことはありますか?

英語の発音を学んでいるのならば、rhyme には必ず触れてもらいたいほど重要なものです。

 

英語の歌は、ほとんどすべて rhyme している

 

rhyming は日本語で言うと「韻をふむ」ことです。

…と言っても、何のことだかピンと来ない方も多いと思うので、

おなじみのこちらの歌の歌詞を☆

Twinkle, twinkle, little star,
How I wonder what you are!

この赤字で書いてある単語 star と are は、両方とも同じ音で終わっています(発音記号はər;)。
Up above the world so high,
Like a diamond in the sky.

次の high と sky も最後の部分が同じ音ですね(発音記号はái)。

このように、綴りが違っても音は同じなのが rhyming。

単語のおしりの音が合ってさえいれば rhyme していることになります。

 

だから、これらの組み合わせはすべて rhyme しています。

stop / hop / mop

rain / plane / champagne

pair / bear / square

 

みなさんの好きな英語の歌も必ず rhyming している部分があるので、一度歌詞をじっくり見てみてください!日本語の俳句(五七五)や短歌(五七五七七)のように、詩を書く時の”きまり”になっているんです。だから英語の歌は比喩表現が多かったり、歌詞の意味がよくわからないものが多かったりするんですね。とにかく韻をふむ事が何よりも大切なルールなのです。

 

さて、rhyming の神様と言えば Dr. Seuss なのですが、ご存知でしょうか?

たくさんの絵本を出しています!こちらを覗いてみてくださいね♪

 

【英語発音技能検定EP-Pro®】の試験にも

 

rhyming の重要性を多くの英語指導者の方にも知っていただくために【英語発音技能検定EP-Pro®】の試験には rhyming を意識した出題があります。

なぜなら、初めにも書いたように、英語の発音学習と rhyming は切っても切れない密接な関係があるからです。

きちんと rhyming ができるという事は、安定した発音ができるという事です。

 

英語のレッスンで必ず歌う ABC Song も、日本人が歌いやすいように rhyming を無視した歌詞にしているバージョンがありますが、間違ってもそれを使って指導しないでもらいたいなぁ。。。と切に願うのであります(。-人-。)

ページトップ