コラム

2021年5月現在 都道府県別 合格者数

検定

2021年5月25日現在 全国で238名の方が受験して下さいました

2017年6月に一般社団法人を設立、同年7月に【英語発音技能検定EP-Pro®】の受付開始以来、もうすぐ丸5年が経とうとしています。

ゼロから始めた検定試験。果たしてどれだけの方にこの検定を知っていただき、受験していただけるか…開始当初は不安しかありませんでした。事実、オンラインで受験できるようにするためのシステム開発にたくさんのお金がかかり、宣伝費がまったく出せない状態でした。著名な先生にインフルエンサーになっていただく資金もなく、ただただ、「日本全国どこの公立学校でも、当たり前にフォニックスを学べる環境を整えたい」という一心で運営してきました。

忘れもしない2017年10月。開始以来初の試験申し込みがあり、ドキドキしながら採点をさせて頂きました。以来、口コミだけで受験者数をここまで伸ばしてまいりました。チャレンジして下さった皆さまには感謝しかありません。本当にありがとうございます。

受験して下さった方からご感想を伺うと、「フィードバックが丁寧」「結果通知のコメントが的確なのでスキルアップに繋がる」「評価されることで自分のスキルに自信がつく」というお声が大変多く、採点者としても大変嬉しい限りです!

この検定は、試験という目標に向けてしっかりと取り組む姿勢とその過程が、受験者のスキルの向上に繋がるという考えのもとで開発されたので、しっかりとしたフィードバックの重要性を常々意識しつつ、これからも大切に大切に採点してまいります。

全国の合格者・都道府県別構成比

現在はご覧の通り、東京都の合格者数がトップを占めています。

今では全国に1級ホルダーが28名、特級ホルダーは14名です!

でもきっと、特級ホルダーになるべき先生方が全国にまだまだもっとたくさんいらっしゃるはず…。

職業別で見てみると…

【英語発音技能検定EP-Pro®】の会員登録をされている方のご職業を見ると、ご覧のようにご自身で英会話教室を経営されている方、またそこで働いている講師の方が多いことがわかります。

そして「会社員」の方も多いのがちょっと意外ですね!

ご職業柄、英語を使う場面が多い方が「通じない」「伝わらない」とご苦労されて、発音の勉強をやり直して実力を測るために受験して下さっている例が多いです。

【英語発音技能検定EP-Pro®】は指導者向けに開発された検定ですが、採点の基準はフォニックスの法則に則ったものですので、もちろん、このような実力試しの場としてもご利用いただけます!いつか【英語発音技能測定テストEP-Biz】みたいなのも開発できたらいいな!と思っています。


このコラムを書いたのは…

菅沼直子 一般社団法人Triple C協会代表理事 2男2女の母

1972年東京都出身。5~9歳までの間、アメリカのサンフランシスコ郊外で過ごす。帰国後は公立の小・中・高で学び、1995年慶應義塾大学環境情報学部卒業。子どもの小学校入学をきっかけに東京都内で小学校英語活動のゲストティーチャーを6年間務める。離婚後、子ども 4 人を連れて和歌山へ移住。生活のために始めた英会話講師の仕事を通して『地域による教育格差』と『根深い日本人の英語発音コンプレックス』を強く感じ、この2つを解消できる方法を探るようになる。英語を教える先生のスキルアップこそが日本人の英語コンプレックスを無くしていくカギとなるのではないかと考え2017年より【英語発音技能検定EP-Pro®】及び【英語発音技能測定テストEP-Jr®】を開発運営開始。2021年には音声連動型【英語学習教材シリーズEP-edu】を開発。

ページトップへ戻る