採点者からのアドバイス

当検定のネイティヴ採点者からのアドバイス

【英語発音技能検定EP-Pro®】は各級、各試験、3名の採点者により採点されています。それぞれが個別に採点したものの平均点が受験者様の得点になる仕組みです。これは偏った採点を避けるためです。受験者の皆様の真剣なチャレンジに、こちらも真剣に採点に取り組んでいます。

さて、今日はその内の英語のネイティヴ採点者からのアドバイスを掲載させていただきます!

 


 

この記事を読んでいらっしゃるということは、あなたはご自身のスピーキング力をもっと高めたいと思っていらっしゃるわけですよね。発音はややこしいもので、いろいろな点で考慮しなければならないことがたくさんあります。会話では、聞く側は一生懸命理解しようとし、話す側は理解してもらおうと一生懸命努力します。この双方の理解しようとする姿勢によって、発音のプレッシャーはいくらか軽減することができるものです。

 

しかし、あなたは力試しをしに来られたのですよね?そして上達するためのヒントが見つかるといいなという思いからこの短い記事にたどり着いたのです。私は、みなさんの夢のために手助けをしたい。ですから、発音練習をするときには、どうか、次のことを考えながらやってみてください。

 

まずは、あなた自身が求めるものを知る必要があります。他と比べて心地よく感じる特定の発音はありますか?どこか移り住みたい国や地域はありますか?本検定で採点されるチェックポイントの一つに、一貫性(統一性)があります。この一貫性は、それほど大した問題ではないかもしれませんが、会話の流れが断然スムーズになったり明確な発音に関しては聞き取りやすくなったりもします。そして、指導者として、あなたは生徒さんに伝える立場にあります。実際、イギリス寄りの発音で“water”と言い、アメリカ寄りの発音で“report”と言ったとしても大した混乱を招くことはありません。ただ、ここは試験ですので、採点基準の一つである一貫性が求められます。一貫性が備われば備わるほど、アドバイスをする際に生徒さんへより的確な助言をしやすくなるでしょう。

 自分自身の声を聞こう!

 

次に、いろんな人の話をたくさん聞く必要があります。どんな音源でも構わないのでビデオを見たりポッドキャストを聞いたりスピーチを見たりするなど、してみましょう。どれも耳を鍛えることができますし、練習する材料にもなります。録画(録音)して、聞こえたものをリピートしましょう。それをご自分で聞き直しましょう。録音した声は話し手の感情や語調と合っていますか?あなたの言葉はクリアで分かりやすいですか?

 

日記を録音することもお勧めです。文法や語彙の訓練に加え、ご自身の発音やイントネーションをチェックすることにも役立ちます。いい感じに聞こえますか。あなたの表現したい感情とマッチしていますか。全ては無理かもしれませんが、いくつかは間違いを見つけることができるでしょう。日記がなくても気持ちを込めて話すだけでも大丈夫です。私たちは一度もしたことのない会話全てに対して準備をすることはできません。今まで語ったことのない物語に対して完璧に準備することはできません。心から語り、それを時々録音してみてください。聞いて確認しましょう。聞いてみてどう感じますか?

 

もちろん、この方法は一緒に話す相手が誰もいない場合です。もしも英語を話せるお友達がいれば、彼らともっともっと話をしてください。理想的には、あなたの間違いを直してくれるネイティヴスピーカーが一番です。間違いを正すことを職業にしているネイティヴスピーカーの教師であれば、さらに理想的です。オンラインでも個人でもいろいろな場所で先生を探すことができます。彼らから時々レッスンを受ける価値はあります。その時に発音を重視したレッスンを希望していることをしっかりと伝えてください。先生の中には別の面を重視する先生もいますから。

 

 やらなきゃ始まらない

 

まとめると、インターネットやメディアを活用することが鍵になります。あなたが聞きたいものや真似したいものを見つけましょう。ネイティヴスピーカーとおしゃべりをしましょう。スピーキングの練習において、書く、書かないには賛否両論あります。日本人が出くわす問題の音(RとLや、THとSとSH等)を調べたり連続音声(going to → gonnaやand → ‘n’ 等)について勉強したりすることも大変良いでしょう。

 

最後に簡単に言うと、話すことが極めて重要です。一人きりであっても相手がいる場合であっても同じです。とにかく話すことです。筋トレについて頭の中で考えていても筋力はつきません。料理の事をぼんやりと考えているだけではお腹は満たされません。同様に、ご自身の言語能力についてただ考えるだけでは、あなたの発音はクリアにもナチュラルにもならないのです。(訳注:とにかく行動しよう!という事ですね!)

 

できるだけ話すことを続けてください。そして、可能であれば、ネイティヴスピーカーと話して、時々レッスンを受けてください。

 

この短い記事の中でいくらかアイディアを提供できたなら幸いです。皆様が夢をつかみ、理想のスピーカーになりますように。情熱を持っていれば、必ず実現できます。

Good luck!

(訳注:ところどころ意訳してありますことをご承知おき下さい)

————-

〈原文〉

Hello! I hope everyone is doing well despite the kind of year we are having. Please, be safe! I pray for good things to come!

Now, on to the article.

If you are reading this, it means you wish to enhance your speaking skills. Pronunciation is crazy, with so many different areas to consider. People will do their best to understand while others do their best to be understood, which takes some of that pressure off. But, you came here to test your skill, right? And you came to this short article to find something that will hopefully help you. I want to help everyone with their dreams. So, please, consider these ideas when practicing your skills.
First, you have to know what you want. Are their certain accents you enjoy more than others? Is there a country or area you wish to move to? One thing that gets checked in these exams is consistency. While this may not be an issue, it does create for a smoother flow in conversations and will help with listening in regards to specific accents. And, as a teacher, you’ll be passing these down to your students as well. Again, if you say “water” like a British speaker but “report” like an American speaker, this won’t be so confusing. This is an exam, however, and one area of grading is consistency. Plus, the more consistency you have, the easier it will be to give advice on what you need to work on.
Second, you have to listen to a lot of speakers speak. Watching videos from any source, listening to podcasts, watching speeches, etc., will all train your ears and give you something to practice. Record and repeat what you hear. Listen back to it. Did the recording match the speaker’s energy and intonation? Were your words clear and easy to understand?
You can also record a diary where you can not only practice grammar and vocabulary but also check pronunciation and intonation that’s coming from you. Did it sound good? Did it match the energy you want to express? You may not be able to catch everything, but you will catch some mistakes. Trust me. It’s also good to just speak from your heart though–without any diary. We cannot prepare for every conversation we will ever have. We cannot prepare for every story we will ever tell. Speak from your heart and record that from time to time. Listen and check. How do you feel about what you listened to?
Of course, this is if you don’t have anyone to speak with. If you have friends who can speak English, speak with them more and more. Ideally, native speakers would be best so they can fix any mistakes you make. Even better, native speakers who are teachers would be the absolute best as it is their job to correct your mistakes. There are many places to find teachers–online or in person–and it’s worth it to take some lessons from them sometimes. Just be sure to state that you want a lot of pronunciation focus in the lessons. Some teachers will focus more on other areas.
In summary, the key is to utilize the internet and media, find anything that you wish to listen to and mimic, and chat with English speakers. Writing and not writing both have their pros and cons when used in speaking practice. Looking up problem sounds that Japanese speakers encounter (R vs L, TH vs S vs SH, etc.) and studying about connected speech (going to → gonna, and →’n’, etc.) will also be great. Finally, simply put, speaking is crucial–whether it’s by yourself or with others. You have to speak. Thinking about lifting weights doesn’t make you stronger. Thinking about what you will cook later doesn’t put it on the table. Thinking about your language ability doesn’t make your words clearer or more natural.
Continue to speak as much as you can.
And, if possible, please talk with native English speakers and take lessons sometimes.
I hope this short article has given you some ideas.
I hope you all reach your dreams and become the speakers you wish to become.
If you have passion, I know you will do it!
Good luck!

 

 

 

ページトップ