単語を並べれば英語は通じる?

「英会話なんて、知ってる単語を並べたらなんとか通じるでしょう?」

「文法めちゃくちゃでも、コミュニケーションは取れるよ。」

そんなご意見をよく聞きます。

果たしてそうなのでしょうか?

 

デタラメ英語でどれだけ通じるか?

 

「フィーリングで何とかなる。」

旅先やビジネスシーンで、ブロークンイングリッシュでも何とかうまく切り抜けてきた方は言い切りますね。

初心者の場合は、それでもOK!

臆することなくチャレンジする気持ちが一番大切なので、とても良い事だと思います。

しかし、このレベルで満足していたら、いつまで経っても幼稚な会話しかできません。せっかくの旅行も当たり障りのない体験で終わり、ビジネスに至ってはチャンスを逃しかねません。

 

「デタラメ」と一口で言っても、

・文法がデタラメ

・発音がデタラメ

・和製英語を英語と勘違いして使ってしまう

など…いろいろな「デタラメ」があると思います。

 

この中で一番通じやすいのは、「文法がデタラメ」な英語でしょう。

ただしこれは、発音が間違っていない場合に限ります

 

文法に自信がない人こそ、発音矯正!

「文法がデタラメ」とは、つまり、単語の順番が正しくないことですよね。

単語を並べるだけでも、通じることは通じます。

May I have some water, please?

Please, water drink.

と言ったとしても、恐らく「水が欲しいんだな」というのは察してくれます。

 

しかし!

その単語の発音が間違っていたら…

 

知っていましたか?

Water は日本人が「通じない」と嘆く英単語ナンバーワンです!

 

また、

walk と work も聞き返される確率の高い英単語です。

 

では、

fly と fry は?自信をもって発音できますか?

 

…挙げていったらキリがないので、この辺で。。。

 

文法に自信がなくてデタラメなら、単語こそしっかりと正しい発音で言わなければ

一番肝心な「言いたいこと」が伝わりません!

 

英語が苦手な方は、

発音こそ、一番大切!

発音こそ、身につけるべき!

正しい発音で言える単語を増やしていけば、コミュニケーションが前よりも一気に楽になりますよ。

ページトップ