コラム

「スタッフ」って綴りはどっち?

発音

うちのスタッフって…

Stuff?

それとも

Staff?

a と u の発音の違いをしっかり身につけていれば、迷うことはありません。

日本語には母音が5つしかありませんので、カタカナ表記にすると

apple →「アップル」

umbrella →「アンブレラ」

というように、A U も同じ「ア」という文字で表現するしかありません。

ですので、必然的に発音も日本語の「ア」に近い音で覚えてしまいますよね。

Stuff Only…???

さて、よく「関係者以外立ち入り禁止」という意味で「Staff Only」という表記を見かけますが、このスペルミスの多いこと!

Staff なのか Stuff なのか、わからなくなっている日本人が相当数いらっしゃるようです。

日本語の「ア」の音に近いのは U です。

「あ!猫だ!」

「あ!忘れてた!」

「あ!それ、私が楽しみにしてたお饅頭…」

というような時に発するとても短い「ア」の音。これが英語の短母音の u の音です。

対して、a の音は日本語には無い音で、カタカナで表すと「ェア」ですが、厳密には「ア」ではありません。

「ア」の音は、あまり口を開けずに出せる音ですが、a はかなり口角を広げないときれいに出せない音です。また、発する時に口をグイっと横に広げて小さく「ェ」の音を出すのもポイントです。

u よりも発している時間が長いのも特徴です。

u は「アッ」と一瞬で発し終えるのに対し、a は「ェアァ」と少し長い。比率でいうと、1:1.7くらい?

(このような発音の説明を文字で書き表すことほど難しいものはございません…。)

綴りと発音をセットで覚えることの大切さは、こういう表記をしなければならないときに感じますね。

大切な仲間である 「staff」 をモノ( stuff)扱いしないように気を付けてくださいね!


このコラムを書いたのは…

菅沼直子 一般社団法人Triple C協会代表理事 2男2女の母

1972年東京都出身。5~9歳までの間、アメリカのサンフランシスコ郊外で過ごす。帰国後は公立の小・中・高で学び、1995年慶應義塾大学環境情報学部卒業。子どもの小学校入学をきっかけに東京都内で小学校英語活動のゲストティーチャーを6年間務める。離婚後、子ども 4 人を連れて和歌山へ移住。生活のために始めた英会話講師の仕事を通して『地域による教育格差』と『根深い日本人の英語発音コンプレックス』を強く感じ、この2つを解消できる方法を探るようになる。英語を教える先生のスキルアップこそが日本人の英語コンプレックスを無くしていくカギとなるのではないかと考え2017年より【英語発音技能検定EP-Pro®】及び【英語発音技能測定テストEP-Jr®】を開発運営開始。2021年には音声連動型【英語学習教材シリーズEP-edu】を開発。

ページトップへ戻る