特級を取得された先生方から学ぶ

採点者からのメッセージ

 

 

私は、【英語発音技能検定EP-Pro®】の発足当時から日本人ジャッジの一人として皆様の採点に携わってまいりました。当初から変わらないことなのですが、本検定の採点をさせていただけることに改めて幸せを感じております。

といいますのも、直接はなかなかお目にかかることのできない素晴らしい先生方と検定を通して出会う機会を与えていただいているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私自身は、幼少期の二年間をアメリカで過ごした帰国子女です。

父の仕事の関係で8歳から10歳までオハイオ州のクリーヴランドで現地校に通いました。

初めの頃は英語が全く分からないので、授業中は担任の先生から渡された塗り絵をして過ごしていました。

時間がきたらESL(English as a Second Language) Classの先生が迎えに来てくださって、そこで一から英語を教わりました。

現地の子供たちが学ぶのと同じ方法でフォニックスを習いました。

英語の音を自分で正しく発音できるようになると、先生やお友達の言っていることが徐々に分かるようになっていき、二年目からはほとんどの時間を通常クラスで過ごせるようになりました。

毎日が楽しく、あっという間の二年間でした。日本に帰りたくないと泣いたことをよく覚えています。

私の場合、大変恵まれた環境の中で年齢的にも習得しやすい時期だったこともあり、それほど苦労することなく英語の基礎を身につけることができたと言えるでしょう。

特級=プロへの発音指導が出来るレベル

しかし、本検定の特級に合格された先生方は、私のような方ばかりではありません。

留学経験や海外生活の経験がないにも関らず、完璧な発音を身につけていらっしゃる先生もおられます。

その美しい発音には、ただただ聞き惚れてしまいます。

【英語発音技能検定EP-Pro®】の特級は、プロへの発音指導ができる、ネイティヴスピーカーに習うよりもお勧め!というレベルです。

海外に行かずとも、そんなレベルにまでなれた特級合格者の先生は、まさに日本で英語を学ぶ学習者に勇気と希望を与えてくださる存在です!

そんな先生がどのように英語と出会い、どのような方法で上達していかれたのか、皆さん興味を持たれることだと思います。(ぜひ、見事合格された先生方の合格体験記をご覧ください。)

先生方の情熱

また、どの先生方もお人柄が大変魅力的です

特級の試験問題に含まれる日本語でのプレゼンテーションで、発音指導に対するお考えや普段のレッスンでの腕前を見せていただくのですが、動画を見ながら時には大笑いしたり、時には涙したりすることさえあります。

とにかく、先生方の情熱に私はいつも感動をもらっています。

高い英語力だけでなく、指導者としての優れた資質をも持ち合わせた素敵な先生方が全国にいらっしゃることは本当に嬉しいことです。

このような素晴らしい先生方から指導を受けた子供たちはきっと英語が好きになるでしょうし、英語が上達して自信を持つことで夢を持てる子供が増えると私は信じています。

今後も、特級ホルダーの先生方のますますのご活躍を心からお祈り致しております。

そして、1級ホルダーの先生方には、ステップアップして後に続いてくださることを期待しています。

いつでも、チャレンジをお待ちしております!!

 

ページトップ