合格者の声

【特級】猪狩 知位子 先生
特級

猪狩 知位子様

2022年3月合格

神奈川県|英語コーチ

「ネイティブよりも細やかに指導ができるレベル」と判定していただけたということで、「それなりの独学発音」ではなく、「英語発音指導のプロ」としてとても自信になりました。

特級合格 誠におめでとうございます!

猪狩先生の向上心には、採点者一同、大変に驚かされました!

級が進むにつれ、どんどんスキルが上がっていくのが感じられたのです。何事にも常に真剣に取り組み、しっかりと向き合っていらっしゃることが試験の動画を通じて伝わってきました。

特級のプレゼンテーションも、生徒様がきちんと理解できるように、と様々な工夫がちりばめられていたのが印象的でした。そんなエッセンスが詰まった猪狩先生のインスタグラムとブログは必見・必読です!

猪狩先生のますますのご活躍をお祈りいたしております。

 

発音がコンプレックスだった学生時代

留学経験のない私にとって、発音はずっとコンプレックスでした。大学生のとき、ジャズサークルで英語で歌ったとき「それ、何語?」とアメリカ育ちの友人に言われたことが大変ショックで、しばらく英語の歌が怖くなったほどです。

それが悔しかった私は社会人になってから独学で発音を学び、「それなり」に教えられるようにもなりました。学習塾でフォニックスを教えたり、大人のシンガー向けに発音講座を開いたりしていました。

「それなり」からの脱却

ところが、まだどこかで、「それなり」の発音に自信の持てない自分がいたのです。そこで、英語コーチとして飛躍するためにも、もう一度発音と向き合い、自信をつけたいと考え、EP-Pro®受験を決めました。

EP-Pro®のテストは、返却後のフィードバックが細やかで、次の級の受験にもしっかり活かすことができました。また、「多くの日本人が間違いやすい音や知らない発音方法」のツボをつくテスト問題になっていて、テストを受けること自体が大変勉強になりました。特級合格の通知をいただいたときは、本当に嬉しかったです。「ネイティブよりも細やかに指導ができるレベル」と判定していただけたということで、「それなりの独学発音」ではなく、「英語発音指導のプロ」としてとても自信になりました。

実体験から思う事

日本の学校教育では、まだまだ発音というのは「英語4技能のおまけ」のような扱いをされているように感じます。しかし、実際英語を使う場面になり、自信を持って英語を運用していくためには「発音コンプレックス」は無いほうが絶対に良いと、実体験から思います。これからも、発音を学ぶ重要性をもっと多くの方にお伝えしていきたいと思っております。また、さらに多くの先生がこのテストに挑戦し、発音を磨く機会や自信を持つきっかけになることを願います。

ページトップへ戻る