コラム

教育関係者だけじゃない!発音力が重要なお仕事とは?

検定

【英語発音技能検定EP-Pro®】の資格を持っていると有利なお仕事20選

英語教育関係者だけじゃない!

【英語発音技能検定EP-Pro®】資格はこんな職業の方に有利です!

旅行・観光

・ホテル内スタッフ

・レセプションスタッフ

・キャビンアテンダント(客室乗務員)

・ツアーコンダクター、ツアーガイド

・タクシー運転手

・コンシェルジェ

・通訳案内士

エンターテインメント

・歌手

・声優

・アナウンサー

・映像翻訳者

一般ビジネス

・秘書

・NGOスタッフ

・国際交流会館スタッフなど

・医療通訳ガイド

・貿易事務

・海外営業

・通訳

・電話オペレーター

教育

・英語、英会話講師

 

【英語発音技能検定EP-Pro】は発音力を測定する検定ではありますが、「発音できる音は聞き取れる」ので、合格者は発音力と同時にリスニング力も保証されたと言ってもいいでしょう。

ここ挙げた職業はいずれも「英語を話す・聞く」ことが重要視されている職種ばかりです。読み書きさえできれば良いお仕事もたくさんありますが、特に旅行業界の方、そして電話応対を頻繁にするお仕事の方は英語のリスニング力がとても重要になってきます。

【英語発音技能検定EP-Pro®】の資格を取って、是非お仕事にご活用ください!


このコラムを書いたのは…

菅沼直子 一般社団法人Triple C協会代表理事 2男2女の母

1972年東京都出身。5~9歳までの間、アメリカのサンフランシスコ郊外で過ごす。帰国後は公立の小・中・高で学び、1995年慶應義塾大学環境情報学部卒業。子どもの小学校入学をきっかけに東京都内で小学校英語活動のゲストティーチャーを6年間務める。離婚後、子ども 4 人を連れて和歌山へ移住。生活のために始めた英会話講師の仕事を通して『地域による教育格差』と『根深い日本人の英語発音コンプレックス』を強く感じ、この2つを解消できる方法を探るようになる。英語を教える先生のスキルアップこそが日本人の英語コンプレックスを無くしていくカギとなるのではないかと考え2017年より【英語発音技能検定EP-Pro®】及び【英語発音技能測定テストEP-Jr®】を開発運営開始。2021年には音声連動型【英語学習教材シリーズEP-edu】を開発。

ページトップへ戻る